JavaScript表示ができません。  
ヒョウは大型ネコ科の中で、世界中に最も広範囲に分布していると言われています(Bailey 1993, Nowell & Jackson 1996)。ヒョウは単独行動する傾向にあり、昼間は人目のつかないところにいて、夜に狩りに出る習性があるため、直接観察による研究が進んできませんでした。そのため、ケニアさらにはアフリカ全土における、野生のヒョウの生息数は想像の域を超えません。しかしながら、その目撃数や家畜への被害件数から推測して、現在のところアフリカヒョウ(P.p pardus)の生息数は危機的ではないとされ準絶滅危惧に指定されています。


ヒョウ(Panthera pardus)は、哺乳鋼(Mammalia) 食肉目(Carnivora) ネコ科(Felidae) ヒョウ属(Panthera)に属する動物です。ワシントン条約においてはCITESの附属書 Iに指定されているため、取引に際しては輸入国の輸入許可及び輸出国の輸出許可を必要とすることと定められています。また、国際自然保護連合(IUCN)が定めるレッド・リスト(IUCN 2015)では、ヒョウ(Pantehra pardus)は、準絶滅危惧種に指定されています。


ヒョウをさらに細かく亜種のレベルでみてみると、私たちが保全の対象としているケニアに生息しているヒョウは、アフリカヒョウ(P.p pardus)といって準絶滅危惧種に指定されています。近縁種のアムールヒョウ(P.p orientalis)、ジャワヒョウ(P.p melas)、アラビアヒョウ (P.p nimr)がより絶滅危惧度の高い絶滅危惧IA類、ペルシャヒョウ(P.p saxicolor)とスリランカヒョウ(P.p kotiya)が絶滅危惧IB類の危機に瀕しています。(http://www.iucnredlist.org/details/15954/0)


「最近絶滅したか、絶滅危惧種の近縁種」は絶滅しやすい(Primack 1997)という報告もあり、アフリカヒョウは保全が必要な亜種であるといます。1988年に、野生のヒョウは世界中に約700,000頭生息していたともいわれていますが、その数は年々減少しています(Martin & de Meulenaar 1988)。野生のヒョウの多くは自然保護区の外に生息しているといわれています。また、ヒョウは人に気づかれることなく家畜を襲うことができる性質から、害獣としてもっとも問題のある種だとされており(Inskip & Zimmermann 2009)、人との競合をどう減らしていくかが、ヒョウの保全において最重要課題であると考えています。
アフリカのサバンナでよく間違えられるのがチーターとヒョウです。どちらがヒョウかわかりますか?
正解は、①チーター、②ヒョウです。
チーターは顔にティアマークといって、目から口元にかけて黒い線があります。そして体の模様は大小の黒斑ですが、ヒョウの体の模様は梅花模様といって、梅の花が咲いたような模様になっています。サバンナを速いスピードで駆け抜けるチーターは頭が小さく体も風の抵抗を少なくするようになっていますが、ヒョウは筋肉隆々でチーターと比べると力強い感じです。そして、チーターの足は犬の足によく似ています。ネコのように爪をかくすことはできません。一方でヒョウはネコの足を大きくしたような形状になっています。一般的に前脚のほうが若干大きくなっています。

人間とヒョウは、もっと仲良くなれる。

「ヒョウ」って知ってる?
「ヒョウ」っていなくなってもいい?

アフリカのケニアで、
「ヒョウ」も「人間」も困っています。

CopyRight © 2014 wildlifepromising All Rights Reserved.