JavaScript表示ができません。  
2016年4月12日 出版物

ワイルドライフ・プロミシングの山根研究員が一部分執筆している本ができました!
裏表示のサイが超高層ビルの大都会をバックにたたずむ写真も、山根研究員撮影です

 

「自然は誰のものか 住民参加型保全の逆説を乗り越える」
http://www.amazon.co.jp/dp/481400009X

2015年1月10日 フィールドネット・ラウンジ企画ワークショップ参加

テーマ:「研究者はいかに野生動物保護にかかわるべきか」
開催地:東京外国語大学、 コメンテーター:山極寿一(京都大学総長)
発表者(全6名):山根裕美「都市ナイロビに棲むヒョウと人々の関わり」

 
2014年7月5日 学士学館での講演

テーマ:「ヒョウ研究、野生動物保全と私 ~ケニアを拠点とした研究と保全活動~」
講演内容:東アフリカ、ケニアにおける野生動物保全の現状を、2006年より実施してきた
調査と保全活動の現場から報告。保全のためにケニアで実施されているプロジェクトの紹介や、
地域住民が抱えている、野生動物との軋轢の問題について講演を実施した。

 
2014年6月15日 講演会を行いました

2014年6月15日 札幌/円山動物園にて「アフリカの動物とわたしたちの未来」の講演会を行いました。

講演の様子が北海道新聞に掲載されました

 

北海道新聞社許諾D1406-1412-00009854

人間とヒョウは、もっと仲良くなれる。

「ヒョウ」って知ってる?
「ヒョウ」っていなくなってもいい?

アフリカのケニアで、
「ヒョウ」も「人間」も困っています。

CopyRight © 2014 wildlifepromising All Rights Reserved.